デザインや生地によって異なるエプロンの特徴

デザインや生地によって異なるエプロンの特徴

メンズとレディ

様々なエプロンの特徴!

エプロンはいろいろなスタイルがありますが、代表的なものは下半身だけを覆うウエスト・エプロン(カフェエプロン)と、胸当てが付き上半身と下半身の両方を覆うビブ・エプロンです。ビブ・エプロンには胸当てについている1本の紐で首を通し、腰のあたりを別の紐で結んで固定するものがあり、このタイプは脱ぎ着がしやすい利点があります。また胸当てについている2本の紐を背中で交差し、腰で結ぶタイプのものは、安定感があり、着心地がいいという利点があります。ビブ・エプロンは胸当てがあるので、料理や作業中に洋服が汚れないようにしたり、濡れないようにしたり、傷がついてしまうのを防ぐのに効果的です。ウエストエプロンは、カフェのギャルソン(男性ウェイター)がつけているイメージもあり、エプロンを初めて使う男性はデザイン的につけやすいでしょう。

デニム生地のエプロン

デニム生地のエプロンは、生地に適度な厚みがあり、丈夫なので人気です。どんな洋服にもあわせやすいですし、カジュアル感もあり、おしゃれなデザインのものも多いので、男性も着やすいエプロンです。濃い色のものを選べば汚れが目立たず、料理以外にもDIYやお掃除にも使えます。また使いこむほど、独特の風合い出て変化していくのが素敵で、オリジナリティのあるエプロンになります。

ワンピースタイプのエプロン

ワンピースタイプのエプロンはなんといっても着心地が楽なのがいいところです。その名の通りワンピースのように着れるので、紐で体を締め付けないデザインのものが多く、肩も細い紐ではないので肩がこらず、長時間つけていても楽です。Aラインのふわっとした形が体型もカバーしてくれます。そして可愛さがダントツなのはやっぱりワンピースタイプのエプロンでしょう。Aラインだったり、ウエストにたっぷりのギャザーがあったり、リネン素材のものなど女性が好きなテイストのものがたくさんあります。

ワーク用エプロン

ワーク用のエプロンは仕事や作業をするのに向いているエプロンです。ポケットがたくさんついていたり、撥水加工されているものもあります。仕事や作業によって合った丈のエプロンを選びましょう。ウエスト・エプロン、ビブ・エプロン、どちらも動きやすさを重視するなら短めのエプロンが向いていますし、足のほうまで汚れてしまうような作業をするなら、長めのもの選ぶといいですね。またガンガン洗濯をしても大丈夫で丈夫な帆布などの生地がおすすめです。

広告募集中