使用用途に応じてエプロンを選ぶことが重要

エプロンの肩掛けと腰巻きの比較

肩掛けエプロンは面積が広いので衣服が汚れにくい

肩掛けタイプのエプロンは、とにかく面積が大きいのが特徴的です。上半身もしっかりと守ることができるので、大きく油が跳ねる料理をするときなどにも適しています。これが一つあれば、私服でもそのまますぐに仕事に取り掛かることができます。肩からかけるため、外れにくいというメリットも生まれます。

腰巻きエプロンは動きが制限されにくい点が魅力

腰巻きエプロンは、腰から下しか守ることができません。しかしその分、上半身の動きが制限されにくいというメリットが生まれます。激しく動く必要がある場合には、こちらの方が適している可能性があります。カフェなどで採用するとオシャレ度をアップさせることができる点も魅力です。

使用用途に応じてエプロンを選ぶことが重要

婦人

腰巻きエプロンの着用をオススメするお店とは

お店の種類によって、採用するエプロンのタイプも変わります。また、担当する仕事の内容によっても変わってきます。腰巻きエプロンは、喫茶店で働くウエイターやウエイトレスには最適でしょう。料理をするわけではないので、上半身が汚れてしまうことは少ないからです。おしゃれなので店の印象をアップさせることもできますし、お盆を持って動き回るときにも邪魔になりにくいです。ユニフォームのデザインを隠してしまうこともありません。

肩掛けエプロンのメリットが発揮できるお店とは?

肩掛けエプロンは料理をする際には便利なアイテムとなります。ですから、飲食店の厨房では大活躍しています。特に油を使うことの多い中華料理店などではそのメリットを発揮させやすいですね。一般の喫茶店でも、ホールのスタッフは腰巻きタイプのエプロンを使い、厨房スタッフは肩掛けのエプロンを使うことがあります。他にも危険な作業や汚れやすい作業をするときには重宝されています。八百屋さんや魚屋さんもこのタイプのエプロンを使うことが多いです。

購入する際はお店の特徴で選ぶ!

エプロンを購入するときには、お店の特徴をきちんと把握して、どのタイプがいいか検討する必要があります。同じ飲食店でも、料理の内容によって肩掛けタイプがいいか腰巻きタイプがいいか変わります。また、ユニフォームのデザインと合うかどうかも重要なポイントとなります。

広告募集中